スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超とばっちり

2008年10月02日 20:05

 大阪、難波の個室ビデオ試写室でも放火殺人事件から一日ですね。
毎度のことではありますが、惨劇の後にこそその不備が浮き彫りになるのは何とも皮肉なことですね。
このような惨劇が起きないようにする為の制度であるはすなのに。

だがそれ以上に問題なのは容疑者の話。
「生きていくのが嫌になった」
まあさしずめ途中で怖くなって逃げたのでしょうが、自身の人生を是として生きていた人たちにとってはとばっちりもいいところですね。
言葉は悪いですが、そんなに死にたいのなら(誰にも迷惑かけないように)一人で勝手に死んどけやと。
まだまだ詳しい所は見えていませんが、箱の中で己をじっくり省みて、この後何を成すべきか、しっかり考えてもらいたいものですね。

そして、今回の惨劇は制度の不備がもたらしたと言う側面も否めません。
早急な見直しと対処を希望します。
此度のような自暴自棄で殺されてはたまりませんしね。

追記:
後になって、次から次へと不備がぼろぼろと出てきていますね。
消火器がない、窓を片っ端からふさいでいる、そもそも通路自体が逃げれるようにできていない等。
これ全部基本以前の問題ではないのか……


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yodaka117.blog116.fc2.com/tb.php/85-51f73611
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。