スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊張の恐ろしさ

2008年09月07日 19:30

今日は教習所の第一段階の終了検定があり、それを受けてきました。

先に結果を言えば見事にアウト。
補習を受けて再受験となったのですが、その最大の原因として物凄い緊張がありました。
初めてなくらい酷かった。
クラッチ踏む左足がガタガタいって、半クラッチが作れずエンスト3回。
注意忘れが連続した上に今まで一度もしたことのなかった脱輪×2orz

我ながら何とも情けない話です。
ある程度自覚はしていましたが、ここまで酷いと……

これはこの先にもついて回るであろう問題であるのは明らかだろうし、とにかくまずここを改善していかなければ……
全てはそれから。


コメント

  1. 楓 | URL | -

    自分は狩麺の筆記で1回落ちました。
    が、なんとか免許は取得。

    現在ペーパーと化す・・・。

    それはもう、教習所へ行って練習しないと、数分でドアが取れて人轢いて黒煙吹き出して爆発するぞ

    みたいな。


    ものっそい久々にサイト更新しました。
    OYOUさんは忙しいようなのでこちらに宣伝してみるw

    あ、それとその内相互リンクとかどうっすか?

    もしよければよろしく。
    でも月日と1泊2日の旅行に行くのでこちらからのリンクはすぐには貼れ無そうですけどね^^;

    では~

  2. 自衛無数 | URL | GxAO5jdM

     大丈夫、卒業後の路上での失敗は許されないけど、今のうちにしとけば、なんなく通った人より事故する可能性は低くなるそうです。
     実際に、無事故の人は、教習中に多くの失敗をしたり、また苦労して試験に受かった人だそうです。

     自分の場合は2週間で仕上げるという目標だけ立てて望んだので、全て一発で受かったものの、路上に出ると不安は多く残っています。

     今のうちにがんばれ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yodaka117.blog116.fc2.com/tb.php/67-7bc0f546
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。