スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歪む思考と霞む視界で。それが午前三時、静寂の世界。

2008年08月05日 03:16

私から、物と言われるあらゆる物が、例えばあなたが見えなかったとしたならば、あなたはどう思うでしょう。
あるいは私は、どう感じるでしょう。
逆に、あなたから私が見えなかったとすれば?
その瞳には何が写るのでしょう。
きっと何もない景色だけが映るのでしょう。
でもそこに、確かに何かがあることだけ分かっていれば何を想像しますか?
それは物ですか?人ですか?あるいはなんでもない自然物ですか?
仮にそれが人であると認識したとして、
そこに「誰か」がいることだけわかっているのならば、誰を想像しますか?

家族?友人?恋人?
あるいはそのいずれでもない?

意味のない思考を繰り返して思うのは、そこにあるモノがまず真っ先に、
それが「人」であることを信じれる人間に私はなりたい。

そしてその「人」が他の誰でもない
貴方であらんことを。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yodaka117.blog116.fc2.com/tb.php/32-4a3c85ca
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。