スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力統制とプチ食糧難

2011年03月18日 21:59

まさか、現代日本の首都圏に住んでいてこんなものに襲われるとは露ほどにも考えていませんでしたよ。
地震で首都圏の発電施設に大被害を受けたため電力の供給が追いつかなくなり、「計画停電」が実施されています。
ここ神奈川南部もばっちり止まってます。
本当に面倒なことこの上なくて、たとえばうちの工場なんかは、毎日三時間の停電の可能性のために合計2時間かけて停電作業と言うものをしなければなりません。
(大電力を使う設備がいくつもあると、停電する際、した際はちゃんと手順に従って電源を落としておかないと通電したときに設備が壊れてしまう)
生活のうえでも、実際に電気が使えなくなるだけでなく、店の営業時間に影響が出て、買い物ができないといった弊害、他にも鉄道網の停止等結構色々弊害が出てたりするわけで。
まあ、こればっかりはどうにもならないもので、一日でも早い復旧を願うしかないわけですが。

後はネットで話題になっている「ヤシマ作戦」ですね。
エヴァの有名なアレにちなんだものですが、案外馬鹿にならなくて、節電されて電力が足りれば停電は回避できる。
自分もエアコンの使用を控えたりとか、積極的に作戦参加中です。

あ、これ個人的な愚痴と言うか文句みたいになっちゃうけど。
東京23区の人には特に積極的に取り組んでもらいたい。
だってあそこ、特区で停電除外地域なんだもの。
首都機能止めるわけには行かないという事情は理解してるからさ。
だからその分、停電の不便を直接被ってないからこそ、こっち以上に積極的にやって欲しいなあ、なんて。

ところで、「ヤシマ作戦」になぞらえてもう一つ、「ウエシマ作戦」なんてものがあったりします。
これは、多分大体の人が知ってるであろう、有名なあのギャグにちなんで、物資を「どうぞ!」って譲りあおうって作戦。
KETのうさ耳社長もブログに書いてましたけど、一部のアホ共による買占めでこの辺り一帯はかなりの品不足。
そんなに買い込んでどうすんだってレベルで買い占めていったのか、どこに行っても空っぽ空っぽ。
本当にいい加減にして欲しい。

これで無駄に腐らせた輩は被災地と言う戦場で不眠不休で必死に戦う人々を愚弄する連中と、どっかの都知事様と一緒に被災地にぶち込んで強制労働に服させてやればいいと思う。
え?二次災害?
知らん。そのまま埋もれて未来への礎になってろよ。

っとまあ、これくらい迷惑してるのです。
さて、どうしたものかなあ。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yodaka117.blog116.fc2.com/tb.php/313-4546d4f5
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。