スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はのんびりヒッキーX'mas@日米開戦に至るまでのドラマ番組他

2008年12月25日 17:33

今日は一日朝からぐうたら。
家の中に段ボール箱で即席のシューティングレンジ作って、昨日買って来たFA-MASの試射とか、録画していたドラマを見たり、PCつけたり。

まあ、本当はこんなにぐうたらしていられる状況でもないのですがねww

昨日は野郎と買い物、そしてバイト。
今日は家でぐだぐだ。
まあ巷のリア充共とは全く逆のクリスマスの過ごし方ですよww

まあ、これはこれでいいと思いますけどね。
へっ。

昨日の話。
クリスマスイヴの不思議。
店長いわく、なぜかクリスマスイヴは一年で最も煙草がよく売れる日なのだとか。
そんなわけで、「煙草係長」に任命されて煙草をチェックするのですが、確かに売れる売れる。
やたらと売れる。
ちょっとでも油断しようものならあっという間に残量がレッドゾーンへ。
しかも普段あんまりでない銘柄が変によく出る。
っておいこれさっき入れたばっか・・・
ちょwwwwこれ減るのはやすぎwww…だあああああ、すぐにカートン開けるからうるせえ黙ってろハゲ!!
そんな感じ。
おまけに、アクシデントの類が頻発(ストアスタンプの朱肉兼スタンプ受けがどこかへ消えたり、後輩がうっかり落としたミツヤサイダーが爆発してレジカウンター内が大惨事になったり、通した宅配便が実は店では取り扱えないもので大至急近くの取り扱ってる所へ持っていく破目になったりetcetc……)

浮いた連中に対して発した呪怨が反射されてきたのか?
うーん
悪態はついたりちょっと妬みじみたことは言ったけど、そこまでの呪いは放ってねえぞwww

まあ、何とかかんとか無事乗り越えられて良かった良かった。

今日の話。
今日は朝、起きたら試射と決めていたけど、弟が何やらビデオを見ている。
何かと思えば、昨日見ようと思って見そびれていたドラマ「あの戦争はなんだったのか」
太平洋戦争において、その開戦に至った過程に主眼を置き、それを決めた軍の高官、高級閣僚らのやり取り、思い、そして当時首相であった東条英機の葛藤を描いたドラマ。
なぜ、開戦を回避できなかったのか、どういう選択肢があったのか、そして開戦至るまでの双方の思惑、狙い、等等。
そうそうたる顔ぶれで、非常に深いところまで踏み込み、描かれていました。

見てみて、まず客観的ではありますが、わずかに日本寄りな描き方に見えました。
といっても、日本にひいきした内容というわけでは全く無く、まだ十分公平の範囲内かなと。
もっとも、どちらもが正しく、どちらもが悪いと言う話というのが私の意見であるので、この辺凄く微妙な点ではあるのですが。
とにかく、日本が100%悪いと卑下した内容でもなく、ましてやアメリカ側を悪いと言い切った内容ではないという意味で捉えていただければ。

全体的に事実を淡々と述べている流れもあって淡白な印象も、受けたのですが、戦争を回避しようとした人達の思いや、圧倒的少数意見というもどかしさは鮮烈過ぎるほど細やかに描かれていたので、普通の解説番組っぽさは無かったなと。(舞台背景を説明している辺りの構成については飛びまくりで、情報整理も中途半端でずいぶん下手糞だなあとは思いましたが)

陸軍のトップでもある東条英機が戦争を起こした張本人で、全ての悪であるという認識を持つ人って、どのくらいいるだろう?
私は実は割と最近までそういう認識がありました(別の書物でそうではない、軍部を抑え切れなかったからだと言う見方を読み、今回のドラマはまた別の見え方をしたのですが)
そういう認識を持っていた人には少し驚いたかもしれませんね。

まあだからといって、人間に絶対の悪人はいないのと同じく絶対の善人もおらず。
彼を全肯定することは出来ませんが、彼は彼なりにこの国を、この国の尊厳を守りたくて、精一杯努力したのだろうな……

これが歴史の本質でしょうか、一つ別の情報が入るだけで全然見方が変わってしまう。
不思議なものです。
つまりは歴史なんてあいまいなもので、見方次第でどうとでも取れると言うこと。
後から脚色次第でどうにでも見え方を変えれ、どういう風にでも書き換えが聞くと言うこと。
結局の所真の歴史なんてやはり只中にいた当の本人でないと知りようも無いものかもしれません。
だからこそ、歴史を読むときはせめて多元的に見よ。
この番組ってむしろそういう番組だったりとか?

私は例によって、何分口下手書き下手な物で、グダグダとまとまりも何もあった物ではなく、努力はしているのですが、分かりづらく真意をつかみづらい文章になっていて悪い。
その点、多少はご容赦もらえたらありがたい……

ふぃー、こんなに糞長い日記は久々のまた久々だな…
ここまで読まれた方々、お疲れ様でした。
長文、失礼しました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yodaka117.blog116.fc2.com/tb.php/140-eace1cf8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。